正式国名はタイ王国。西北をミャンマー、東北をラオス、東をカンボジア、南をマレーシアと国境を接する、東南アジア有数の観光国。

タイには観光名所がたくさんあります。屋台やレストランで、激うまタイ料理を食べ尽くし、お手軽に楽しめるスパやマッサージで癒やされて、プチプラショッピングでストレス解消しよう!

何をしても楽しすぎてたまらないタイ旅行をもっとお得に、もっと有意義にしちゃうテクニックをご紹介。微笑みの国タイへようこそ!

タイ旅行はパックツアー or 個人旅行

タイに旅行するときに最初に悩むのがパックツアーにしようか個人旅行にしようかだと思います。パックツアーか個人旅行どちらがお得か比較しようと思います。

 パックツアー個人旅行
予約先JTBツアーパック
航空券+ホテル個別手配
利用空港羽田空港⇔
スワンナプーム国際空港
羽田空港⇔
スワンナプーム国際空港
航空会社タイ国際航空タイ国際航空
宿泊ホテルデュシタニデュシタニ
滞在時間3泊5日
79時間
3泊5日
79時間
合計15万6000円13万2000円

今回は、年間を通して最も代金が高い年末年始で比較しました。結果は個人旅行の方が安いという結果に。

ただし、バンコクの場合、時間やホテルのランク、飛行機の時間によってはツアーが安いこともあります。また、キャンセル料のルールやホテルの宿泊特典が異なることもあるので、内容をじっくり吟味してください。

海外旅行・ツアーを探すなら、旅行会社のJTBで探すのがおすすめです。

安心と信頼のルックJTBや、 お手頃価格が魅力のJTBお買得旅、ネットのみ掲載の Web専用商品など、添乗員付きツアーから格安プランまで海外ツアーの検索・予約ができます。


タイの旅行時期

タイに旅行するならいつ旅行するのがベストなのでしょうか?安い時期はいつなのか、気候がいい時期は何月かご紹介いたします。

タイ旅行で安い時期はいつ?

タイ旅行する時できるだけ安く行きたいですよね?いつの時期に行くのが一番安いのでしょうか?

一番安い時期は10月です。その他にも4月上旬、GW明け~7月上旬、11月も安いです。

逆に最も高いのは年末年始とGW、次いでお盆とシルバーウィーク。気候がよく卒業旅行シーズンの2~3月も高めです。

タイのベストシーズン

熱帯気候で常夏のイメージがあるタイ。タイの旅行時期を気候で選びたいという人も多いと思います。

雨季と乾季があるタイのベストシーズンは、カラッと晴れた日が続いて過ごしやすい10月中旬~2月中旬の乾季。5月中旬~10月上旬の浮きでも日に1~2回スコールが降る程度なので十分楽しめます。

2月中旬~5月中旬の暑季は、外を歩くのが厳しい季節かもしれません。

タイの物価

タイに旅行した際に迷うのが現金はいくら持参すればいいかということ。タイの物価を事前に知っておくと安心ですよね。

タイの物価は日本の約3分の1。千円札を多めに持参し、両替しながら様子を見ると無駄が少なくなります。観光客が多いレストランやShopでは、クレジットカードも使えるので上手に併用しましょう。

【タイの物価】
・タクシー初乗り・・・35バーツ(約104円)
・電車初乗り・・・15バーツ(約44円)
・ミネラルウォーター・・・6バーツ(約18円)
・ビジネスホテル・・・1000バーツ(約3,000円)
・大衆食堂・・・50バーツ(約150円)

バンコクの観光名所ランキング!

タイの首都バンコク。初めてバンコク旅行する方におすすめの観光名所をご紹介します!

ワット・ポー

巨大な寝釈迦仏で知られる
ワット・ポーは、18世紀にラーマ1世が建てた王室寺院。ラーマ3世の時代には仏教や医学技術(タイ古式マッサージ)の教育機関となり、現在も学校を併設。朝のルーシーダットンも人気です。
寺院などの観光はあまり興味がないけど、タイらしさもちょっと見ておきたい人はおすすめです!巨大な黄金の寝釈迦仏を見れば、きっと満足できます。

王宮とワット・プラケオ

バンコク観光のハイライト
1782年、ラーマ1世がバンコクに遷都する際に、居住空間である王宮と、それに隣接するように守護寺ワット・プラケオを建造しました。王が代を重ねるごと建物が増え、現在の姿になりました。
現国王ラーマ9世は住んでいませんが、ラーマ8世までは居住していました。敷地が広いので時間にゆとりをもって行きましょう。

ワット・アルン

美しいクメール様式の仏塔が建つ
アユタヤー王朝時代に建造され、トンブリー王朝時代にタクシン将軍が王室寺院として再建。大仏塔はラーマ3世時代に建てられたもので、75mの高さを誇ります。
個人的には実際に行って見学するよりも対岸からの景色を楽しむのがおすすめです。対岸にいくつかあるホテルも素敵ですよ。

水上マーケット

昔ながらの水上生活を見学しよう
運河が張り巡らされたバンコクは、「東洋のヴェニス」と讃えられた美しい町でした。現在は運河の多くは埋められてしまいましたが、今でも当時の面影を残す場所がいくつも残されています。
バンコク近郊にはいくつも水上マーケットがあるので色々行ってみてください。私が好きなのはアムパワー。夜の雰囲気も素敵なので、1泊するのもおすすめです。

世界遺産アユタヤー

14~18世紀に栄えた古代都市
世界遺産アユタヤーはバンコクから北へ80キロのところにあります。1350年、地方貴族ラーマディボディにより建都され、417年間繁栄を続けました。最盛期には現在のタイ北部と東北部を除く全域を掌握し、日本の貿易も盛んでした。
アユタヤーはツアーで行くのが楽なのですが、鉄道を利用して、レンタサイクルで回るほうが自由にじっくり見られていいですよ。